営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
携帯電話で閲覧・予約できます

WEBサイト
しのだ歯科医院_ホームページ閲覧用QRコード

予約画面
しのだ歯科医院_WEB予約用QRコード

しのだ歯科医院の所在地

〒990-2482
山形市久保田1丁目8番14-2

大きな地図で見る

クレジットカードが利用できます

UFJカード支払い可 MASTERカード支払い可 VISAカード支払い可 JCBカード支払い可 NICOSカード支払い可 DCカード支払い可 MUFGカード支払い可 ディスカバーカード支払い可

営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日

予防歯科

 

予防歯科

歯周病の治療、予防には適切な歯磨き(ブラッシング)、歯石除去、クリーニング(PMTC)などが不可欠となります。

また、金属冠などの人工物も定期的なメンテナンスが重要となります。

歯周病は、全身の健康にも大きな影響を及ぼすことが最近の研究で解ってきました。

全身的な病気を予防するためにも、お口の手入れ(クリーニング)は大変重要です。

予防歯科の必要性

現在、歯周病は成人の約80%がかかっている病気です。もちろん、その程度は人によって、様々であり、老化現象の1つでもあります。現代人の食生活はファーストフードなどの柔らかい食べ物が多くむし歯や歯周病にかかりやすい環境にあります。

歯周病は単に口の中だけの問題だけではなく、全身の健康にも影響があることが最近の研究で解ってきました。

心臓病、脳梗塞、肺炎、糖尿病、女性の出産では早産や低体児出産などのさまざまな病気が歯周病と関わり合いがあることがわかってきました。

つまり、血液の中に歯周病菌が入り込むのです。

歯周病はむし歯がないといって油断していると、50~60歳などで急に重い症状を迎えていることが多いのです。

無症状に進行していくことが多いので、患者様自身は無自覚で、いままでむし歯もなく痛いところもなかったので「歯医者でレントゲンを撮影してビックリ!!」というような事がままあります。

そのような状態になる前に、常日頃から、口腔内の細菌を少なくして安定した状態を保ち、リスクの少ない口の中にしておくには、患者様自身の適切な歯磨きケアと歯科医院での定期的管理が重要となります。

また不幸にも歯周病の状態が悪くなった場合はもちろん適切な歯周治療や対応が必要となります。

歯周病の口腔内写真

歯周病の口腔内写真歯周病の口腔内写真
歯周病の口腔内写真

歯周病の予防について

歯周病の原因

口の中には、いろいろな細菌がすんでいます。その内のいくつかの細菌(むし歯菌)がむし歯や歯周病を引き起こす原因となっています。(むし歯の原因については一般治療のむし歯の原因をご覧ください。)

歯垢(プラーク)が歯ぐきに溜まり、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなります。そこに歯周病菌が入り込み、歯周病が起こってしまうのです。

歯垢がたまる 歯肉が炎症 歯槽骨

歯の周りに歯垢(プラーク)がつくことで、歯肉に炎症がおこり、歯ぐきが腫れるようになります。

歯垢が歯石になる 歯周ポケット

歯垢(プラーク)が歯石になり、歯周ポケットが深くなります。

歯が動く 骨槽骨が溶ける

歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、歯が動くようになります。

場合によっては、膿がでることもあり、口臭も気になります。

歯がぐらぐら 膿がたまります

歯槽骨が2/3以上溶けてなくなり、歯がぐらぐら揺れます。やがて歯は抜けてしまう状態です。

口臭はよりきつくなります。

歯周病の検査(レントゲン写真)

必要であればパノラマレントゲンを撮影します。

歯周病による歯槽骨の吸収の程度の判断の参考となります。

歯周病の検査(歯周病基本検査、歯周精密検査)

歯周ポケットの深さ、歯の歯の動揺度、出血などの診査を行います。これらの検査で、歯周病の程度の大きな目安になります。

歯周ポケットは2mm~3mmは健全な範囲です。4mm以上は病的な深さとなります。

歯周病の検査歯周病の検査

 歯周ポケットの深さを測っているところです。

実際の歯周病治療

治療前の状態

治療前の状態

歯垢や歯石が歯にこびりつき、黄色く濁って見えます。この歯垢や歯石にはむし歯菌などがたくさん住んでおり、むし歯や歯周病の原因となっています。

また、歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れています

患者様に適切なブラッシング方法を確認して頂き、クリーニングを実施しました。

ブラッシング指導のち、1週間後の状態

ブラッシング指導のち、1週間後の状態

1週間後、歯の状態を確認するため、来院して頂きました。

歯に付着していた歯石はクリーニングで取り除き、キチンとブラッシングしたいただいていたので、前回より良い状態です。

歯ぐきの腫れが少なくなり、歯垢も少なくなりました。

本当にキレイに磨けているのか、染め出し剤で確認してみました。

しかし、確認してみると、上手に磨けている歯とそうでない歯があることがわかります。染め出し剤を使うと、患者様の歯磨きの癖がわかります。

患者様にはもっと上手に歯を磨けるように、アドバイスさせて頂きました。

(染め出し剤とは、歯垢(プラーク)に反応して赤くなるお薬です。なお、染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。)

ブラッシング指導と歯周病治療での1ヶ月後

ブラッシング指導と歯周病治療での1ヶ月後

歯垢もとれて歯もキレイになり、歯ぐきの腫れも収まり、キレイなピンク色をしています。

実際の予防

お口の病気(むし歯や歯周病など)の発見が早ければ早いほどお口に負担が少ない治療を選択することが出来ます。

自分の歯を守るためには、歯に関する正しい知識を持つこと、適切なブラッシング、甘いものをコントロールした食生活など自分自身で出来ることをしっかりする必要があります。

しかし、自分の努力だけでは限界があります。私たち歯科医師や歯科衛生士の定期的な検診が必要になります。当医院では、患者様に1年に1~4回(3ヶ月ごとが基本)の定期的な検診をおすすめしております。定期検査で問題のある歯が発見されれば早め早めの治療を行います。

また、定期検査では、歯のクリーニング、適切なブラッシングの再確認も実施しております。定期的な管理のもとでは、口腔内の細菌をおさえて安定した状態を保つのが目的です。(お子様の定期検査は一般歯科/小児歯科をご覧ください)

ブラッシング指導

むし歯も歯周病も発生源となるのが歯垢(プラーク)ですので、毎日の歯磨きをしっかりすれば予防することができます。しかし、毎日歯を磨いていても、歯医者さんで歯周病が進行もしくは歯周病だと診断された方もいると思います。

それは、「歯を磨いているけれども、適切な方法でブラッシングできていない」ことを意味しています。適切なブラッシングに加えて、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使うことでむし歯や歯周病を未然に予防することができます。また、治療器具に近い音波歯ブラシなど有効です。

しかしながら、歯磨きなどの自分の努力だけでは限界があります。どうしても、歯科医師や歯科衛生士の手助けが必要になります。

歯磨きに必ずこうでなければならい…というのはありません。しかしながら、基本はあります。当医院では歯ブラシの種類、磨き方、歯間ブラシなどの補助器具の使用や年齢、性格、患者様の背景などを考えながら、患者様個人にあった磨き方を患者様と共に探していきます。要は、どんな方法を使おうと結果的に細菌の少ない細菌が活性化しない安定した口の中になることが目的なのです。

当医院では、むし歯や歯周病対策として歯の定期検診を実施しております。ご来院いただいたお客様の歯に異常がないか確認し、適切なブラッシング方法の確認と歯のクリーニングなどの予防を行っております。

当医院の受付で、歯科衛生士の選んだ歯科グッズを販売しております。歯磨き指導で使用したグッズもあります。

 

歯ブラシ歯ブラシ

色々な種類の歯ブラシを販売しています。歯ブラシは毛先で磨くのが基本となります。

適切な力が必要となり、強すぎては毛先がつぶれてしまいます。

当院ではスタッフが患者様おひとりおひとりのお口の状態に合わせて歯ブラシの処方を行っております。
歯磨きをしているのに歯ぐきが腫れる、もっと自分に合ったブラシを知りたい、という方はお気軽におたずねください。

歯ブラシ交換の目安としては

  • 衛生面を考慮して「1ヶ月」くらい
  • 歯ブラシを背から見て毛がはみ出る、もしくは変色して「見た目が変わってきた」とき
  • 毛にコシがなくなり、「磨いても汚れが落ちづらくなってきた」とき

のどれかに当てはまった時の交換をお勧めしています。
ブラシ交換の参考にしてみてください。

 

入れ歯用の歯ブラシ

入れ歯用の歯ブラシです。入れ歯を効率よく磨くことができます。

 

歯磨き粉

当院では低研磨性、低発泡性、フッ素配合の歯磨き粉をおすすめしております。

 

小児科用の歯磨き粉小児用の歯ブラシ

小児用の歯ブラシや歯磨き粉もあります。必要であれば、お母様もいっしょにブラッシング指導を行います。母親・父親の仕上げ磨きは重要です。

 

シーラント予防(奥歯のむし歯予防)
シーラント予防(奥歯のむし歯予防)

シーラント予防(奥歯のむし歯予防)

シーラントというのは、奥歯の溝を埋めてしまいむし歯を予防する方法です。

奥歯は前歯に比べると、むし歯にかかりやすい歯です。なぜなら、奥歯にはたくさんの溝があり、歯垢(プラーク)が溜まりやすくなっているからです。また、この溝には歯ブラシが届きにくく、丁寧にブラッシングしても汚れを完全に取り除くことはなかなか難しいです。そこで、奥歯の溝をあらかじめお薬で埋めてしまい、歯垢(プラーク)の付着を防ごうというわけです。このシーラントに使われるお薬(シーラント剤)はフッ素を含んだプラスチックです。

シーラントは基本的には、むし歯になっていない健康な歯に施す予防方法ですが、軽い症状のむし歯でも可能です。ただし、軽い症状のむし歯の場合、歯を少し削らなければならないこともあります。

シーラントは、乳歯と永久歯に施すことが可能です。そして、このシーラントが最も効果的な歯は6歳前後に生えてくる6歳臼歯(初めて生える永久歯)です。この歯は一生使い続ける大切な歯ですが、きちんと生えるまで時間がかかり、そのあいだむし歯にかかりやすい特徴があります。生えそろうまではブラシが届きにくく、歯垢が溜まりやすい状態になっています。

また、生えたての永久歯は歯質が弱く、むし歯になりやすいのです。かわりに、フッ素を多く取り込む特徴があります。

当医院では、永久歯の奥歯が生えたお子様にはシーラント予防をお勧めしております。

12歳臼歯にも有効となります

 

フッ素

フッ素には

  • 初期むし歯の修復
  • 歯質の強化
  • むし歯菌の抑制

の効果があります。
子供だけに効果があると思われがちなフッ素ですが、歯がはえたばかりのお子さんから、歯ぐきが下がってしまった大人の方まで自分の歯があるすべての方のむし歯予防に効果があります。

中でもフッ素洗口はブクブクうがいができれば年齢や器用さを問わずご使用いただけるためおすすめです。

 

歯間ブラシ

歯間ブラシといい、この道具で歯の隙間を掃除します。毛先のブラシの太さは、SSS/SS/M/Lなど色々なサイズがあります。

金属冠やブリッジなど磨かなくてはなりません。

 

デンタルフロス

デンタルフロスで、歯と歯の間を掃除します。歯間ブラシと合わせて使用すると、より効果的です。

ハンドル付きで、先を交換するタイプのものと、マイクロファイバー製の指巻きタイプ(ワックスあり/なし)からお好きなものをお選び頂けます。

 

ソニッケアー
ソニッケアー

治療器具に近い音波歯ブラシです。一般に販売されている電動ブラシとは機能が違います。

当医院でおすすめしている音波歯ブラシは、PHILIPS社Sonicare(ソニッケアー)です。

この音波歯ブラシは、治療器具に近い歯ブラシです。高齢者障害者の方にも最適です。

特徴は、毛先の届きにくい歯間部や歯周ポケットのプラークを効果的に除去します。毎分約31,000回の超高速振動と左右約5mmの幅広い振れ幅がパワフルな液体流動力を引き起こし、毛先の届かない歯間と歯周ポケットの歯垢まで効果的に除去します。

また、コーヒー、紅茶、タバコによる着色汚れを取り除いて、本来歯が持っている自然な白さを取り戻した臨床報告もあります。

当医院の医師や歯科衛生士もこのブラシを使って歯磨きしております。

使い方やブラシを使った感覚など、分からないことがありましたらお尋ね下さい。

歯医者で購入するメリット

  • 歯科衛生士から使い方や磨き方の指導を直接受けられる
  • 6種類のブラシの中からその方に合ったブラシを選択し、実際に歯に当てて体験できる

今回新しく発売された"ソニッケアープラチナ"に関しては、出力・モードが3種類ずつ、9つの出力モードを選択することができるようになりました。
口腔内に合わせて、相談しながら、自分に合ったブラシ、出力モードを選択し、より効率的に、また安全に使っていただけると思います。

PMTC(歯表面清掃)

 

受付写真

歯科グッズを多数そろえております。希望のお品がない場合は、ご注文して頂くことも可能です。

 


予防歯科ユニットです。治療器具などがなくスッキリとしています。また、クッション性もよく、リラックスして治療を受けられます。

また、棚には、入れ歯の模型や、セラミック製の差し歯などがあり、患者様にどの様な入れ歯(または差し歯)が良いか選択して頂いております。

ブラッシング指導と同時に、必要な場合は歯のクリーニングをしていくことになります。

 

歯のクリーニング

歯のクリーニング<br />
歯のクリーニング<br />
歯のクリーニング<br />

P-MAX

この最新式の超音波スケーラーは歯にこびりついた歯石と超音波で揺さぶり崩すようにして剥がす機械です。この機械は超音波の振動によって歯石を剥がす為、力を入れる必要がなく、痛みもほとんど無く患者様にストレスを感じさせないことが利点です。また、歯周ポケットの深くまで届きます。

ケースによっては、手用のスケーラーも使用します。

クリーニング(歯石取り)

患者様の状態に合わせて少しずつ行います。

次亜塩素酸水を使っての洗浄も可能ですので、ご希望の方は衛生士へお尋ねください。

 

フッ素塗布
フッ素塗布

フッ素塗布(歯の強化)

フライパンのコーティング素材などで「フッ素」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。このフッ素と言うモノは特別な薬剤ではなく、お茶の葉っぱや魚介類に多く含まれているミネラルの一種です。

このフッ素には、歯に塗ると歯を強くする効果があります。車のワックスのように歯の表面をコーティングするようなものではなく、歯の表面自体を強化するするものです。乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的な予防方法です。

歯にフッ素を塗ったした後は、30分間程度うがいや飲食は控えて頂いております。

当医院ではリンゴ味のフッ素をご用意しており、お薬を口の中に含んでいるという不快な感じを与えないように工夫しております。

 

PMTC(歯表面清掃)

PMTC(歯表面清掃)

歯科衛生士が患者様のお口を様々な機械を用いて、歯と歯の間を始め、歯の表面や歯ぐきを徹底的に清掃します。バイオフィルムを剥がし、むし歯をできにくくします。痛みはいっさいありません。気持ちがよいものです。

PMCTにかかる時間は、歯の汚れ具合によって異なりますが、長くとも1時間以内には終わります。定期的にPMCTを実施して頂ければ短時間ですみますし、より効果的です。

お口の状態が良好な場合は、スケーリングをほとんど行わないで、PMTCをすぐに行うケースもあります。

 

入れ歯や冠、詰め物のメンテナンス(洗浄や二次むし歯の予防)

入れ歯や冠、詰め物のメンテナンス(洗浄や二次むし歯の予防)

入れ歯や冠(クラウン)、詰め物には定期的なメンテナンスが必要です。治療後、年に1~4回ほどご来院いただき入れ歯や冠、詰め物の洗浄をいたします。

また、治療後の歯がむし歯や歯周病になっていないかなども確認します。歯の異常があれば治療を行います。発見が早い分、患者様への肉体的経済的負担は軽くすみます。

 

これらを併用して、必要な(歯周病外科手術を行うケースもありますが)ものを組み合わせて個々にあったメニューをくみます。